スポンサーサイト

担当 : スポンサー広告


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- --:-- :
Pagetop

目標はフュージョン

担当 : 佐那


昨日一昨日と雨が降りましたが今日は晴れました。よかったです。週末からはまた30度超えるってこの前電車で隣の席に座っていたおじさんが話していましたがどうなのでしょうか。週末はオープンキャンパスなので暑すぎるのもちょっと辛いですね。

先日から開催されている合同展「JEMS2045」にて、私はボールペン画の作品を展示しました。それ以来しばらくまたボールペン画にハマっています。そのノリで先ほどマグカップとお皿に絵を描きました。

ゼンタングル

ただの油性ペンなのでこれらを食器として使うことは出来ないのですが、まぁ、インテリア的な?そんな感じ?
こういう細かい絵を描くのは好きです。単純作業が好きなので。行き当たりばったりなラフな線を引くよりも決まったパターンを描く方が好きです。根は几帳面です。

ただこれ、映像作品を作る身としてはあんまりよろしくない趣味というかなんというか……
映像って、絵の出来もさることながら動きで勝負するものだと思っています。動きに目を奪われて絵の細かい部分にまで目がいかない。つまり、細かく描き込んでもあんまり見てくれない。
だから細かい絵を沢山動かしても苦じゃないような映像を作れるようになりたいです。うまいこと融合出来たら良いものが出来るんじゃないかな……精進します。


色んな人が色んなところで「何故絵を描いているのか」「何故美術の道を歩んでいるのか」みたいなことについて語っているのをよく見かけます。
私が絵を描いたり映像を作ったり色んな技術を身に付けたりする理由はとても簡単です。
褒められたいから。
昔から周りには私よりも才能を持った人が多くて、私が一番手になれることはほとんどありませんでした。
でも絵を描くことはずっと好きで、たまにだけど「絵うまいね」とか「すごい」とか言われることがありました。
それがすごく嬉しかった。
もっと褒めてほしい、もっと自分を認めてもらいたい。そんな自己顕示欲があるが故に、今も絵を描き続けています。
ペンで細部まで細かく描き込む絵だって、そういうのが好きだということもあるんですが、「こんなん出来んわーよく出来るな」って言ってもらえるのが嬉しいから描いている部分もあります。超性格悪いのは内緒。
だから人に「すごい」って言ってもらえるようなすごいものを作っていくよ。誰にでもできるような中途半端なことはやりたくないよ。
2015-09-02 23:55 : コメント : 0 :
Pagetop
« 前のページ  ホーム

プロフィール

影の教団

Author:影の教団
比治山大学短期大学部美術科。
8割が馬鹿の集まり。

来訪者数

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。