スポンサーサイト

担当 : スポンサー広告


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- --:-- :
Pagetop

東京研修旅行

担当 : 佐那


こんばんは。佐那です。
先週の東京研修旅行の話をしようと思います。
でもツイッターやフェイスブックで何度もこの話してるからぶっちゃけそんな何回も同じ話しなくてもいいかな……とか思ってます。
ので、SNS等に書くほどでもなかった小話も含みつつレポートしていこうと思います。
先に言っておきます、記事めっちゃ長い。


■Production I.G
始めに行ったのはPSYCHO-PASSや攻殻機動隊でおなじみI.G。
会議室にて会社の説明をしてくださったのはなんと比治山美術科彫刻コース卒の方でした。
アニメーターの現状や仕事内容や給料など、とても沢山の「現場の声」を聞きました。
その後、実際にアニメーターさんたちが作業をしてる部屋の見学をしました。
設定表を見せてもらったり、絵を描いているところを見学させてもらったり。
おみやげにいただいたお菓子美味しかったです。


■ヤマムラアニメーション
次は比治山大学の客員教授である山村浩二さんの個人事務所。
地階はお店になっていて、ちょうど海外のアニメーターさんの個展を開催していました。
山村さんのところでは、まだ作成中のアニメーションや、絵本の原画を見せていただきました。
ここの見学中、私は「1コマ撮り」という言葉を覚えました。(本当は既に知っておかなきゃいけない常識らしいけどね!!)
アニメーションは通常24フレーム、つまり1秒間に24枚の絵を連続して映します。これが「1コマ撮り」。
1秒間に半分の12枚の絵を映すのが「2コマ撮り」。
商業アニメはだいたい2~3コマ撮りだそうです。この数が多いほど、1秒間に映す絵の数が減るから動きがカクカクします。理想は1コマ撮りだけど2コマ撮りでも十分滑らかに動きます。


■株式会社ROBOT
翌日、3つめは夏に比治山大学で講演会を行ってくださった稲葉卓也さんの会社。
ROBOTはアニメーションだけでなく映画やCMにも携わっている会社です。
作品一覧を見せてもらうと、その中には知っているものが沢山ありました。「これもROBOTだったのか!」というものが多かったです。家を背負ったかたつむりのアニメとか。
と、ここまで3つの会社を見てきたのですが、どこも建物がおしゃれ。建っている場所もおしゃれ。作業部屋もおしゃれ。とにかくおしゃれでした。アニメーション会社ってどこもそんな感じなのでしょうか。「おしゃれ」ゲシュタルト崩壊しそう。
将来こんな仕事がしたいな、などと考える一方で、こんな建物に住みたい、なんて思いました。


■三鷹の森ジブリ美術館
あの、予約制でなかなか入れないと噂(?)のジブリ美術館。
雨降ってました。
館内に入るとそこは本当にジブリ一色で、沢山の展示物、子供用の猫バスの遊べるスペース、そして宮崎駿さんの作業場を再現した部屋もありました。
壁一面の設定画やステンドグラスに描かれたジブリのキャラクターたちなど、ここでしか見られない物満載でとても刺激的で、とても楽しかったです。
雨さえ降っていなければ!!!
晴れていたら屋上の巨神兵見に行けたのに!!いや雨降ってたけど見に行ったけど!!傘でほとんど見えなかった!!


■東宝
本当は2日目はジブリ美術館で終わりだったのですが、最終日に行く場所で働いている方(先生の学生時代のお友達だそうです)のご厚意で、映画でおなじみ東宝のスタジオにも見学に行きました。
ここではまだ撮影はしておらず、舞台の制作をされていました。その光景、まるで建築現場。カナヅチやドリルの音が飛び交う広いスタジオ。意外と女性スタッフが多くて驚きました。
映画の撮影スタジオということでとてもテンションが上がっていたのですが、いかんせん夜。集合時間が19時半。見学中は興奮する反面とても眠かったです。昼間に見学に行きたかった……


■東映東京撮影所
最終日は朝早くからもう一つの有名な映画撮影スタジオ東映へ。
ここではなんと、実際に映画の撮影が行われていました!!
緊迫した雰囲気の中、「なんだこいつら」という役者さんやスタッフさんの視線の中、暖房を付けているにも関わらずとてつもなく寒いスタジオの中で撮影風景を見学しました。
ここでも沢山の物を見てきたのですが、ぶっちゃけ「めっちゃ寒かった」ってことしか覚えてません。冬場はあんなにスタジオは寒いのに、映画の設定が「夏」とかだったら半袖で演技しないといけない役者さんってすごい。


■五美大卒業作品展
これは今回の研修旅行には含まれていません。最終日が午前で解散となり午後から暇だったので友人2人と行ってきました。どうでもいいですが今回の旅行、全て現地集合・現地解散でした。東京への移動手段・宿泊など全て各自で手配しろ、と。なんという放任。でもそのおかげで自由時間も割と沢山取れました。
この卒展は、東京造形大学・武蔵野美術大学・多摩美術大学・女子芸術大学・日本大学芸術学部という名高い5つの大学の合同展です。
規模も作品のクオリティも全てが半端ない。卒展を見たら自分の制作へのモチベーションも上がるかなと思いましたが同年代がここまでやるなんて…!と逆にくじけそうになりました。
図録なども沢山もらって帰りました。

と、まぁこのような貴重な体験を東京でしてきました。ほとんどが写真撮影NGで記録にほとんど残せなかったのが悔しいですがまぁ仕方ない。
3日間で沢山の事を学びました。それらを短くまとめると、「やる気と体力とコミュ力と運転免許があれば他は何もいらない」。(運転免許、わりと必要らしいです。私まだ取ってない……)
やっぱりネットの情報だけでなく、実際にその場に行って、見て、聞くのが一番だと実感しました。自分の目で見て見なきゃ分からないことも沢山あります。東京の地下鉄、あんなに迷うとは思ってもいなかった。


それから広島に帰って来て作品制作をしています。別に何に展示するわけでもないのですが、ちょっとしたアニメーションをひとつ。来週中には完成しそうです。出来上がったらYouTube辺りにこっそりとUPしたいな、なんて。
YouTubeで思い出しましたが先日作ったコマ撮りアニメーション、多分撮り直す時間が取れそうにないので今出来上がってるものを近いうちにUPするかもです。なんというやるやる詐欺。
2015-02-25 23:39 : コメント : 0 :
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

影の教団

Author:影の教団
比治山大学短期大学部美術科。
8割が馬鹿の集まり。

来訪者数

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。