スポンサーサイト

担当 : スポンサー広告


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- --:-- :
Pagetop

過去と変化とブラウニー

担当 : 佐那


こんばんは。
ギリシャ旅行組も帰って来て、ブログもまた賑やかになりましたね。


私事ですが先日、高校の時の部活のメンバーでご飯を食べてきました。
1年ぶりに集まった人たちは今はみんな違う大学に通っていて、容姿は変わってないのに中身は大きく変わっていて、あれからずいぶんと経ったんだなと感じます(若干名容姿も変貌を遂げていました)。
大学で出来た友達も好きですが、やっぱり高校の友達の方が気兼ねなく話せます。
だからといって高校生に戻りたいかと聞かれればそうでも無い。

思えば高校生になりたての頃は中学生に戻りたいと思っていたし、大学に入っても始めは高校生に戻りたいと思っていました。
でもしばらく経つと、「今のままでいい、戻りたくない」と思うようになります。
新しい環境に順応してきた証でしょうか。
だけどやっぱり心のどこかでは過去に執着があって、ふとした瞬間に「あの頃に戻りたい」と思ってしまう。

私は変化することが好きでもあり、嫌いでもあります。
新しいことには挑戦したいし、知らない世界には飛び込んでみたい。
その一方で、今の居心地の良い環境を失いたくない。
常に二つの感情がせめぎ合っています。
大学に入学した時も、本当は高校の友達と離れるのが嫌で仕方なかった。
出来ることならあの子たちとずっと一緒にいたかった。
だけど不安でいっぱいな状態で入学した大学では新しい友達が沢山出来て、気付いたら離れがたい存在が増えていて。
でもそんな離れがたい人ほど、進学やら就職やらで遠くに行ってしまいます。

最近は携帯電話やSNSのおかげで学校の違う友達とも気軽に連絡を取り合えますが、私が中学生だった頃はまだ携帯電話を持っている人は少なく、そのため中学の友達とはほとんど疎遠状態になっています。
多分来年成人式で会っても8割方誰が誰だかって感じなんだろうな……
文明の利器に感謝。

人も環境も、変わらずずっと存在し続けることはありません。
変わっていないように見えても、何かは絶対に変わっている。
その変化を理解しなければ、受け入れなければ、過去と現在の差異に戸惑ってしまう。
なんてちょっと小難しく書いてみましたが何を言っているのか私もちょっとよく分かりません。
まぁその、つまり、自分もずっとこのままじゃいられないわけだから、どこかで何かを変えていかなければいけなくて。
意識しないと変えられないものもあれば、放っておいてもいつの間にか変わっているものもあって。
その「変化」は「退化」ではなく「進化」でなければいけなくて。

だけどそんな変化していく中でも、人との繋がりだけは変わらずずっと持っていたい。
久しぶりに会った懐かしい友達には、あの頃と変わらない笑顔で接したい。

なんてことを、先日高校の友達に誕生日プレゼントとして頂いたブラウニーを食べながら書いてます。
そうです前回の更新から数日後、教団のメンバーの中で一番最後に誕生日を迎えました。
わざわざ旅行中にギリシャからお祝いメッセージをくれたみんな、ありがとう。現地時間で考えると君たちからのお祝いが一番最初でした。
それから色んな人から色んなメッセージやプレゼントを頂いて私とても幸せです。私こんなに友達いたんだね。嬉しい。
そしてやばい。このブラウニーまじでめっちゃおいしい。

ちなみに私の誕生日から約1ヶ月後、つまり来週、ナノ助が20歳になります。
20歳ですって20歳!私もはやくお酒飲めるようになりたい!!

やっぱりあれですね、真面目な文章はどうにも性に合わない。
基本深く考えずに行動する人間なので、自分の意見をまとめるだとか、そういうことが苦手です。
まぁたまにはいいじゃない、他に書くことなかったんだもの。
2015-03-24 23:43 : コメント : 0 :
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

影の教団

Author:影の教団
比治山大学短期大学部美術科。
8割が馬鹿の集まり。

来訪者数

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。