スポンサーサイト

担当 : スポンサー広告


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- --:-- :
Pagetop

カウントダウン

担当 : 佐那


広島国際アニメーションフェスティバルまであと360日を切りましたーーーーーみんな来てくださいねーーーーー!!!!!!!!

ということで昨日8月23日、紙屋町シャレオにて「シャレオ☆アニメーションアートBOX」というイベントが開催されました。これは2年に1度開催される広島国際アニメーションフェスティバルの1年前イベントで、クレイアニメーションやCGなど、アニメーションやアートを体験してもらおう!というものです。そんな感じだったと思います。

私は映像・アニメーションコースの数人+先生と一緒にクレイアニメのワークショップブースのスタッフとして参加してきました。内容は「STAND BY ME ドラえもん」でおなじみアニメーション製作会社「白組」の新作映画「GAMBA」に登場するキャラクターを粘土で作り、コマ撮りアニメーションを作成するというものです。
小学生以下?の小さい子どもが対象のワークショップということで、ちゃんと指導できるのか不安でいっぱいでした。今回はその体験レポです。

朝。集合時間は9時でした。でもスタッフさんや先生から何度も「遅刻するな」「5分前には来い」「遅刻するな」と言われていたせいか映像コース組が全員集まったのは8時45分。なんと15分前集合です。向こうのスタッフさんはとても驚かれていました。すごいね!って。ごめんなさい、心配性だっただけなんです。遅刻したらどうしようって。

それから色々準備や指導のやり方のレクチャーを受けたりして11時にイベント開始。白組ブースだけでなく会場全体に沢山のお客さんが来てくれました。
今回のイベントは白組のワークショップの他にはメインステージ、国際学院大学によるVFX体験(グリーンバックで写真を撮ってCGに合成するやつとか色々)、広島フェイスペイント組合によるフェイスペイントを行っていました。シャレオの中央広場ということもあって、イベントを知らずに偶然通りかかった方も沢山いらっしゃいました。
午前中はほとんど何もできずに終了。チラシ配りが主な仕事だったのですが、持ち前の人見知りを発揮した為ろくな仕事が出来ませんでした。

昼休憩を挟んで午後からは頑張りました。チラシも配り、子どもへの指導もしました。ほぼ立ちっぱなしの5時間。足腰が痛かったです。
途中、メインステージに映画の主人公「ガンバ」の着ぐるみが立った時、スタッフさんに「これ(映画のチラシ)持ってガンバの隣に立って来て!」と突然ステージに立たされた時はどうなるかと思いました。報道陣いっぱい来てたしどこかに写真載ってたらどうしよう。恥ずかしい。

そんな特殊な出来事も交えつつ、イベントは無事終了。9時から6時半くらいまでの重労働でした。初めての経験ばかりで大変でしたが沢山勉強させていただきました!とても良い経験ができました!とかそういう小学生並の感想でしかまとめられない私のボキャブラリーが貧弱……

ラッピー

来年8月19日までこのキャラクターを覚えておいてくださいね!広島国際アニメーションフェスティバルのマスコットキャラクター「ラッピー」です!

広島国際アニメーションフェスティバル公式サイト
http://hiroanim.org/
2015-08-24 23:50 : コメント : 0 :
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

影の教団

Author:影の教団
比治山大学短期大学部美術科。
8割が馬鹿の集まり。

来訪者数

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。