スポンサーサイト

担当 : スポンサー広告


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- --:-- :
Pagetop

実力をつけて見返せたならそれが最良なんだけど

担当 : 未分類


早いものでもう年末。
このブログも長いもので1年と数ヶ月。

このブログを始めるにあたり、書き込む内容について仲間内で約束ごとがあった。『誰かを不快にさせること、あまりに個人的なことでブログの趣旨に全然関係ないこと、悪口などを書かない』ということだ。

これから私が描くことは、個人的なことであり、批判的なことも含まれる。しかし、絵を描く人、いやそれだけにとどまらず、何かを作り発表する人は直面したり見たことがある出来事だと思う。だから私は敢えて全てをありのままに話す。
これは去年の冬から今まで、私が実際に経験した事だ。

ことの発端はAが
『私の絵が自分(A)の絵のパクリである』とメールをしてきたことだ。
内容をさくっと要約すると
・あなたの絵柄模倣行為に憤っている
・あなたの絵を見るのが苦痛
・あなたの絵は私の劣化コピー
・その絵でコンペにも出すな
・そのキャラ(二次創作)の描き方を確立したのも私だ
・私は死ぬほど努力してきただから貴女も絵柄を変えるために死ぬほど努力しろ
・返事はどちらでも構わない

…事実無根の一方的な言い分の数々に
さすがの私も腹が立った。いろいろ言い返したいことはあったものの友人に宥められ、スルーすることにした。

Aは私の名前を出さないものの、
私にメールを送ったが返信がないこと、私がパクリをしているとの虚偽の情報を多くの人が閲覧できるSNSで好き勝手に吹聴。しかし大体会話の雰囲気で誰のことを言っているかはバレバレだ。そのため、多くの人が誤解し私の悪口を言ったりありもしない噂が広まり、様々な人にブロックされ、全く関係のない第三者からAさんにメールを即時に送るよう催促されることもあった。日夜しつこくDMで一方的で攻撃的なクレームをつけてくる人もいた。ずっと相手をするのも馬鹿らしくなって絵を描いていたら絵を描く暇があるなら話せと言われることも。

そこで私はAに、メールでのやりとりはプライベートなことであり、この件は当人同士で解決すべきことであるから、Twitterなど不特定多数の人が見れる場所で内容を公開するのは控えるようお願いした。それに対しては了承して頂けた。(フォロワーに返事をしただけで
晒しではないと言われたが)

そして私は
・断じてパクリではない。
・お互い絵柄はこれからも変化していくのだからお互い絵の向上に努めていきませんかと返した。

しかし、
【ブロックしてるのだから絵を見るな。その後も絵柄の類似が悪化していて反省の色が見えない比較画像を公開しフォロワーに是非を問う私は多くの人に支持されると自負している】

とのメールが。

比較画像はその方が誰か特定されるので
伏せるが、画像内容は
・目のアップばかり(構図、ぽーず、キャラ、背景、全く異なるイラスト)
・指摘箇所が髪の塗り方とか輪郭の色替えとか誰もがやってる技法
・同じ構図と指摘するものはコップにキャラが座っている他にも多く例があるありきたりなもの
・トレスと描かれているものは重ねればトレスでないことは一目瞭然

というもの。

私はそれに対してこのようなメールを送った。
【Aさんこんにちは。
メールありがとうございました。
まずご指摘の件について
返事と私の意見を述べさせていただきます。

⑴私はブロックしてからAさんのツイートや絵を見に行く行為はしていません。
⑵創作物が似ていた場合先発の人の意見が優先される、後発が先発の言うことに従わなければならないという決まりはありません。http://www.geocities.co.jp/Bookend-Yasunari/6974/

⑶絵柄が似ていても描く人が違えば個性は出るものです。絵を描く人が
何百万人、何千万人といて、誰とも似てない絵を描く方が難しいのではないでしょうか。プロの世界ですら絵柄の類似は多々あるのですから私は誰かと絵が似ていることが悪だとは思いません。

⑷メイキングを参考にしたときも
ありますが、そのときはきちんと
Aさんのメイキングを見て、と明記しました。以降あなたの絵を見ながら絵を描いたことはありません。

⑸誰がなんと言おうと私の作品は私の作品でありAさんの作品は
Aさんの作品です。
誰のパクリでもないことは
前回も断言したはずです。

あなたがあなたの絵に誇りをもっているように私は私の絵に誇りを持って描いています。
誰かと比べるために描いてるわけではありません。比較画像でパクリ検証してフォロワーに賛否を問う、そんな目的で私の絵を使用することは断固拒否します。私もこの件は当人同士で解決したいと考えています。私はお互いの作品を尊重しあうことが最もいい解決法だと考えています。それが難しいようでしたら
これ以上の話し合いはお互いにとって得るものはないでしょう。
これ以上盗作の言いがかりをつけられるのははっきり言って迷惑です。
やめて下さい。】

ちなみにツイートを見ていないのに
ツイート内容を知っているのはお互いのフォロワーの方や私の友人がスクショで状況報告をしてくれたである。

しかし、私の送ったメールは

お互いの絵を尊重するのが難しいならこれ以上話しても得るものは
ないだろう→これ以上の話し合いは無意味
比較画像公開するなって言われた…
→(理由を省かれた)
のように相手に有利な内容にニュアンスを変えて再びTwitterに晒された。

『メール内容は第三者に公開しない』との約束が違う。
結果、私はさらに様々な人に誹謗中傷をされ、事実無根の悪口を広められた。

・Aさんが悲しんでおられるのに
反省する気はないのか
・謝罪しろ・まだしらばっくれるか
・真似をして恥ずかしくないのか
・被害者ぶるな
・プライドはないのか
・裁判にかけてやろうか
・私への抗議文を描いていたら変なアカウントにフォローされた。奴の仕業にちがいない
・評価欲しさにAの真似をしてるんだろう

まず、前提としてプライドを持って
描いているイラストをこんなふうに
言われてるから憤っている。
真似をしていないものに恥ずかしいも
謝罪もない。一時的な解決になるとしても嘘を認め謝罪するようなことはしたくないしそれは真の解決とは言えない。裁判は論外。二次創作自体著作権違反であり自分たちもその対象になるとわかっているのか。

他にも
・ブロックしたらパクリを認めたと
みなす
・メールや比較画像の公開をしないのならパクリを認めたとみなす
・みんなが見れるTwitter上で話さないのはうしろめたいからだ

などとを言われた。

Aは主張を受け入れてもらえないと嘆きAの前提が『私が絵をパクっていること』であり解決の定義が謝罪と絵柄の変更だから話し合い自体成立しない。
パクリでないことを証明しろと言われても、基本的に『ない』ことの証明は不可能だ。
真似してないなら似る筈が『ない』
私の絵は真似では『ない』
お互いが不可能な証明をしようと
しているのも解決しない原因でも
あるかもしれない。

そもそもメールや比較画像を公に晒す義務がどこにあるのか。はっきり言って第三者には関係のない話だ。画像については今までの作品を見てもらったらわかるのではないか。わざわざ似てる部分を粗探ししこじつけて無理やり検証するのは画像制作者の有利な方向に偏っており公平な判断材料にはならない。知名度が高い人の支持者が多いことは自明の理だ。
絵が晒され意見され続けるのもいい気持ちにはならないし根本的な解決にはなり得ない。誤解を与え騒ぎを大きくしたくない。これは両者の共通認識として
メールで確認していた。

しかしAの思わせぶりな発言は
明らかに間接的に私への誹謗中傷を助長するものだった。フォロワーへの協力要請や『真似する人がいてストレスがたまる、もう限界。全部自分が悪いのかな。相手のいいなりになるしかないのかな、』など。フォロワーに迷惑を掛けたくない、という言葉とは裏腹に実際は私に対しフォロワーを利用した攻撃を行っていた。それを指摘する人が現れても『そんなつもりはなかった彼女を責めている気はない』『リアルでこんなこと話せる友達いないしTwitterくらい愚痴吐きたかった』『仲の良い人に仲裁にも入ってもらったんですが彼女は聞く耳を持ってくれないから…』発言。
立場の弱い私は絵をあげるたびに批判されて精神的苦痛を強いられ、反論も意見も迂闊にできない一方的なリンチを我慢していた。ここまで騒動を大きくしておいてそんなつもりはなかったでは済まされない。
仲裁→明らかに私の意見を全否定し、曲げて解釈し、Aに有利で都合の良いことしか言わないあれのどこが仲裁なのか?
仲の良い人→Aの絶対的な味方に間に入らせて、中立性はありえない。

勇気を出してAにそれはおかしいと抗議した人もいた。お互いの話し合いが不十分なまま他人に意見を求めるのはいかがなものか、と。私の絵は私の個性があるから周りの悪口を気にすることはないと声をかけてくださった方もいた。どちらも今まで私と全く関わりのなかった方だ。いつの間にか肥大化した騒動を見てそういった行動をとってくれた。しかし次はその方たちを悪く言う人が現れた。

一方Aは、『私はフォロワーが多いせいで非難されているんだ』とアカウントを消し、作り直していたがそういう問題なのか。

この問題は今は当時よりは沈静化してるものの、まだまだ根深く続いている。
その事件を境に、私から繋がってる人は離れ、Aのフォロワーはたとえ繋がっていても私との関わりを極力避けているのは丸わかり。いただいていたお誘いも白紙に。離れるのは別に自由だし、人付き合いの上で関わりを避けたいのはわかるが、それが嘘の情報による間違った認識のもとで行われているのが悲しい。

Aと仲の良いBが特に私に対する中傷が酷くその本性にひいてその人達と関わりのあった人がTwitterを辞めることも。もちろんBの取り巻きも私をブロック。かつてBは同ジャンルの他の人を似たような手段で2度とネットが出来ないほど陥れた経歴もあり、次の標的に私が選ばれていることに気味の悪さを感じる。そんなことをしながら平然と、『このジャンルの絵描きは少ないからお互い支えあっていかないとね』という会話を他人としてるのだ?A.Bと仲の良いCもわざわざイベントにきてまで直接嫌味を言いにきた。
模写やトレースでない限り、
単に絵の雰囲気や絵柄似ていることをパクリとは言わない。絵柄は構図はアイデアだからだ。そもそも芸術自体が先の作品に影響され確立されていくものであるから、その過程で何かに似ることもあり、それは仕方のないことだ。
しかし似ることをパクリと一括りにし糾弾することは芸術の発展を著しく阻害する。プロの作品でも似ているものが多々ある中、どうしてアマチュアの、それも二次創作のイラストで全く被りが起こらないと言えるのか。

二次創作で原作を参考に髪も服も色も顔も同じキャラを描いて、この描き方は自分だけのもの似ることは許さない、は、
単なるわがままではないか。
見て描いてないから同じ絵は出来ないのに、目の描き方、色の塗り方そんな一部のパーツや基本的な技法を取り上げてパクリと言い張るのはおかしな話だ。

改めてネットの匿名性の怖さと暴力性を感じた。関係のない第三者当事者の気持ちも考えず勝手な正義を振りかざし執拗に人を叩き謝らせたがる風潮には辟易する。

また絵柄とは別に、私が普段あまり描かないキャラを描くと、そのキャラが好きな人に媚を売ってるだとかそうまでして評価されたいのかとか言われることもあった。

あなたはこの問題に関しどう考えるだろう。もちろん画像がなければ判断が出来かねるし、私の文だけでは主観が入っていて公平でないだろう。二次創作をする者が著作権の話を持ち出すことも矛盾していて滑稽なことだ。だが今までこの件に触れることに対し何度も迷い、止めようと思ったが、今回勇気を出してこの記事を書いた。マナーと良識を持ったネット利用で、私と同じ思いをする人、同じ思いをさせる人が減ることを願うばかりだ。


2015-12-28 21:09 : コメント : 0 :
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

影の教団

Author:影の教団
比治山大学短期大学部美術科。
8割が馬鹿の集まり。

来訪者数

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。